婦人

目元美容液で老け顔とサヨナラ|綺麗な素肌になれる

粉ふき肌の大事なケア

鏡を見る女性

乾燥肌の人は生まれつき乾燥しやすい肌質であるケースが多いのが特徴的で、幼少期からアトピーの人や冬になると肌にかゆみが出る人も乾燥肌に分類されています。粉ふき肌は、水分が蒸発することで角質細胞の一部が剥がれ落ちる状態で、乾燥をカバーするために肌のターンオーバーは早まってしまうのも特徴の1つです。皮脂腺が少ない部位はひび割れも起こりやすく、乾燥によって水分や皮脂が失われ、肌弾力が減少して硬くなるため、対策としては油分でフタをするケアにあります。唇にはリップバーム、指先にはハンドクリーム、かかとや膝や肘にはボディオイルをマッサージしながら馴染ませます。また、乳液には保湿効果の高いセラミドや日焼け止めを兼ねたUVカット乳液なども展開されているため、顔には乳液を馴染ませる対策が可能です。

洗顔後の肌のつっぱり感を気にするのが乾燥肌の人で、水分や皮脂などの必要なものまで取り過ぎていると判断しがちです。しかしながら、洗顔後のつっぱり感が必ずしも肌に悪いとは限らない点に注目が集まっています。肌のつっぱり感は、水の中のカルシウムやマグネシウムなどのイオンと、洗顔料の洗浄成分が結合して固まってしまった膜が原因で、肌には影響のない安全な膜です。つっぱり感が不快であったり、直ぐに消えない場合には肌に必要なものを取り過ぎている目安にすることができ、乾燥肌対策が容易に行えます。より刺激の少ない他の洗顔料への切り替えなどが対策として適しており、中には取り過ぎを気にするあまり、洗顔料を使わない人もいますが、皮脂などは水だけでは落ちない難点があります。また、次に使う化粧水の効果を発揮させるためにも肌の違和感や変化を感じることは、ドライ肌の女性の間で話題性が高まっています。